読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE HOLIC

少しでも楽しく生きるために

依存は悪か?

私は超依存症です。人や心理ブログや恋愛などに依存してきました。今も依存してます。
いつも不安で苦しいです。
5年間ぐらい解決法を探したけど、なかなかこれだというものがないので、依存について書いてみます。

まず、依存とは何か。
本やブログを読んでしっくりきたのは、他人や物事に心が影響を受けやすい、ということです。いわゆるハマりやすいってことだと思います。

次に、何に依存するのか。
よく言われるのは、恋人、恋愛、ギャンブル、酒、仕事、買い物などです。でも、たぶんあらゆる人や物事だと思います。問題にされにくいこと、例えば、スポーツ、アウトドア、読書、映画観賞、音楽観賞といったものも、ハマりすぎると依存といえると思います。

では、よく依存と対比される自立って何なのか。
おそらく依存の対義語で、自分以外の何かから影響を受けにくいことかと思います。夢中になりにくいとか、感情の起伏が小さいとか。

じゃあ、依存は悪いことなのか。
自分が依存するからか、自立は良くて依存は悪いというイメージを持っており、依存を弱める方法としてよく言われる「ありのままの自分を受け入れる」ができなくて困りました。依存という悪の自分なんて受け入れられませんから。
でも、依存は悪ではないんです。完全に自立した人間はいませんから、依存は多かれ少なかれ誰にでもあります。また、物事には必ず良い面と悪い面があります。
依存があるから苦しいのではなく、依存が多めだから苦しいわけで、バランスの問題ですね。

そして、依存しがちな人が自立寄りになることはできるのか。
自立寄りになるために、自立についてもう少し掘り下げてみましょう。
自立がちな人がどうやって物事から影響を受けにくくしてるのか。元々の性質もあるかもしれませんが、何かのブログで読んだ「依存先がたくさんあるから」というのがしっくりきました。自立する人は広く浅く依存してるから、相対的に影響を受けにくくなります。例えば、恋人とケンカしても趣味のサイクリングをしてスッキリするとか。
それに対して、依存する人は対象を絞って深く依存するから、依存先の1つから受ける影響は大きくなります。恋人とケンカしたら気持ちを切り替える他の手段がないとか。
依存する人は、興味の対象を増やせば、自立した人に近づくと思います。

最後に、依存対象以外に興味を持てるようになるには。
難しいと思いますが、不可能ではありません。
すぐには無理でも、あがいているうちに必ずチャンスは来ます。